カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

浮気された後の荒んだ心も色で軽減できるかも

浮気された後の荒んだ心も色で軽減できるかも

さまざまな色がわたしたちの周りに存在していますが、ひとつひとつの色に特徴があることをご存知でしたか?

何気なく目にしている色が、わたしたちの行動や心理を知らないうちに左右し、大きな影響を与えています。

では、心が落ち込んでいる時、元気な力を与えてくれる色もあるのでしょうか?

浮気された後の荒れた心に「色」を味方につけよう!

色は、人の心に働きかけることができます。ですから、浮気されて傷ついた荒れた心を癒すために、色の効果を味方に付けることで痛みを軽減させることができます。特に恋愛感情を吐き出すことは、難しいものです。

それを引きずったままにしておくと、心の病を引き起こす可能性もあります。そうなる前に、自分が使いたいという色を用いて、自由に絵を描くだけでも心を癒すことができます。

また、傷ついた心を癒す作用や効果がある色を上手に生活の中に取り入れることで、痛みを軽減させることもできます。では、何色を利用すればよいのでしょうか?

恋愛の傷を癒すことができる色とは?

「紫色」は、活発な情熱的な赤色と、抑制の青色という正反対の2色が混ざった色です。つまり、赤色と青色のようにぶつかりある2つの心が葛藤しているときに、両方の性質をもつ紫色を取り入れることで心にバランスを保ち、癒しを与えることができます。

紫色は病的な色と言われることもありますが、心身のバランスを整えることができる癒しの色なので、浮気され荒れた状態の心には、紫色の癒しがとても効果的です。

諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー3資格取得講座」

色には特徴があるので、用途や目的に応じて適切な色を選べば、さまざまな効果を得ることができます。そのため、近年カラーセラピスト、つまり、色彩療法が注目され話題となっています。

カラーセラピストは、今後ますます需要が高まることが予想されているため、カラーセラピスト資格取得を目指している方は少なくありません。

独学で色について学ぶことは限界がありますが、カラーセラピスト資格試験に対応している通信講座を受講すれば、効率よく色に関しての知識やスキルを身に付けながら、資格取得を目指すことができます。

資格試験に対応しているおススメのツールは、「諒設計アーキテクトラーニング」の「カラーセラピー3資格取得講座」です。まずは、資料請求からはじめてみるのはいかがですか?

まとめ

色は心に大きな影響をあたえることができるので、浮気された後の荒れている心にも癒しを与えることができます。「紫色」は、恋愛の傷を癒す作用があり、心身のバランスを整えることができるので、紫色を取り入れてみましょう。


TOP