カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

カラーセラピストになってできること

カラーセラピストになってできること

色の特徴や効果を理解し、用途や目的に応じて的確に色を選び、色を使って心理的両方を施すことができるカラーセラピストが、近年注目されています。

そのため、カラーセラピストを目指し、色彩について学んでいる方も少なくありません。では、カラーセラピストになると具体的に何をすることができるのでしょうか?

カラーセラピストとは?

相談者が望む効果に適した色を選ぶことができるカラーセラピストは、近年注目されている憧れの職業のひとつです。カラーセラピストは、相談者とカウンセリングやコミュニケーションを図ることで、趣味や色に対する感じ方をまとめることができ、心の奥底の考えを探ることができます。

その後、相談者が心と体のバランスを保つことができるよう、元気がでる色彩や精神的に落ち着く色彩、癒される色彩などを的確に選び、色の活用方法についてアドバイスします。それには身の周りの色彩に工夫を施すようアドバイスすることも含まれています。

カラーセラピストになってできることとは?

一つひとつ色には、それぞれ特徴と効果があります。その効果は人によって、またその日の気分によって変わるもので、人は知らないうちに自分で色を選んでいます。

カラーセラピストになれば、色に対する豊富な知識とテクニック、スキルを身に付けることができるので、普段の生活から色を効果的に用いることができるようになります。それには毎日のファッションやメイク、インテリアなどが含まれます。

つまり、セラピストとして相談者に的確な色をアドバイスするだけでなく、自分や家族のためにもセラピストとして色から効果を得ることができます。

カラーセラピストが働ける業界とは?

カラーセラピストはさまざまな分野の業界で活躍することができます。カラーセラピスト専業で働きたいなら、独立してサロンやスクールなどを開くことができます。

その人に合ったパーソナルカラーを診断することができるようになれば、ファッションだけでなく、メイクのアドバイスもすることができるので、サロンを開業することができるでしょう。

また、企業の仕事でも活躍できます。WEB製作会社やデザイン関係の企業なら、色の配色をアドバイスすることができるでしょう。また、インテリア業界でも、お客さんのニーズに合ったカラーを提案することができます。

まとめ

カラーセラピストになれば、さまざまな分野や業界で学んだ色の知識や活用方法を活かすことができます。相談者やお客さんの用途や目的に合わせて、的確な色を選んだり、アドバイスをすることができます。

また、毎日のファッションやメイクなどにも色の知識を活かせます。


TOP