カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

職場の環境を変えられるカラーデザイン

職場の環境を変えられるカラーデザイン

オフィスは会社の”顔”とも言え、その会社や職場の実情をそのまま映しだします。従業員がやる気をだし、それを維持するためには、居心地が良いと感じる職場の環境を作ることがとても重要です。

さまざまな方法で職場の環境を変えることができますが、カラーデザインを取り入れたイメチェンはとても効果があり、手軽に行うことができます

オフィスのカラーデザインを変えるだけで業績アップが可能!

オフィスは、従業員が長い時間過ごす場所ですから、快適な環境にすることはとても大切です。しかし、大規模なレイアウト変更を行うことは難しいのが現状です。

そこで多くの企業がすでに取り入れているのは、オフィスの環境をカラーデザインで変えるという方法です。カラーデザインなら、大規模に内装を行う必要がないので気軽に行うことができます。

また、カラーデザインを変えるだけでオフィスの雰囲気が変わり、業績アップも期待することができます。

視覚効果があるカラーデザイン

職場の空間が狭いと感じているオフィスは、適切な色、つまり、「白色」を選ぶことで限られた空間を広く見せることができます。たとえば、内装の壁を白色に変えることで、閉鎖的なイメージを払拭することができ、明るくて広々した空間を演出することができます。

白色を内装の壁だけでなく、インテリアも白色に統一することで、清潔感もアップさせることができるでしょう。

また、白色でもさまざまな素材があります。光沢感がある白色なら高級感を演出することができますし、やさしい白色なら暖かみのある雰囲気にすることができます。

心理的な効果を及ぼすカラーデザイン

人の心を動かすことができる色は、さまざまな作用や効果を期待できます。業務の効率をアップさせるカラーや、やる気を起こさせるカラーをオフィスに取り入れることは業績アップへとつながります。

特に「赤色」や「青色」は、オフィスに最適な色です。赤色は気持ちを活発にさせ、やる気を起こさせる色なので、効果的に使用することで独創的なアイデアを生み出すことができます。赤色は刺激が強い色なので、差し色として取り入れることで、全体のバランスを保つことができます。

また、青色はさわやかな色なので、気持ちを落ち着かせることができます。休憩室には「緑色」を取り入れることで、リラックス効果を高めることができるでしょう。

まとめ

職場の環境や雰囲気、空間はカラーデザインを変えるだけで、大きく変えることができます。目的に応じた適切な色を選べば、業績アップも可能です。是非、オフィスに上手に色を利用していきましょう。


TOP