カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

カラーセラピーでうつは改善できる?

カラーセラピーでうつは改善できる?

視覚から認識する色は、脳に伝わり、神経伝達や血圧、筋肉、ホルモン分泌まで影響を与えます。

つまり、色は心の状態をあらわすこともできれば、選ぶ色のよってさまざまな効果を期待することができます。

では、色でうつ病を改善することはできるのでしょうか?色がうつ病にもたらす影響についてみてみましょう。

心に影響を与える「色」

色彩療法とも呼ばれているカラーセラピーは、色彩を生活の中で上手に利用することで、心の体のバランスを保つことができる療法のことです。

色を視覚で取り入れると、色の刺激が脳に影響を与え、感情やホルモンバランス、自立神経などの調整に関係し、結果として心や身体に影響が及びます。ですから、カラーセラピーではまず相談者に色を選んでもたい、その人の心の状態を確認します。

その後、今必要な色をアドバイスしてくれます。それにより、精神面で安定することができるので、うつ病の改善も期待することができます。

ポジティブな気持ちにさせてくれる色とは?

「黄色」は、神経を興奮させる作用があるので、うつ状態から抜け出しやすい状態へと働きかけることができます。また、ひとつのことに集中できるよう集中力を高めることもできるので、うつ病が関係している孤独感を改善することもできます。

また「橙色」は、その人の内に秘めている自信や積極性を導きだすことができます。前向きな気持ちにさせてくれる効果を期待することができます。さらに、対人関係で悩みうつ病を患っているなら「ピンク」を利用しましょう。

ピンクは相手に幸福感や癒しを与えることができるので、対人関係の修復や人間関係を円滑にするよう働きかけることができます。また、やさしい気持ちにもなれるので、心を落ち着かせることもできます。

パワーを持っている色について学んでみよう!

近年注目されているカラーセラピーは、セラピストとして色を利用して、相談者にカウンセリングすることができる話題の職業です。自分や家族にも用途や目的に応じ適した色を選ぶことができるカラーセラピー資格は、さまざまな分野で活かすことができるおススメの資格です。

色の効果に興味がある方は、この機会に色のスペシャリストを目指し、資格取得を目指してみるのはどうでしょうか?

独学で色について学ぶことには限界がありますが、カラーセラピー資格試験に対応している「諒設計アーキテクトラーニング」の「カラーセラピー3資格取得講座」を受講することで効率よく学びながら、資格が取得できるレベルまで色の知識やスキル、カウンセリング能力を身に付けることができます。

まとめ

カラーセラピーで、うつ病を改善させることは可能です。色彩療法とも言われているカラーセラピーを利用し、是非、適切な色を生活の中で取り入れていきましょう。


TOP