カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

配色や色を学ぶ時のポイント

配色や色を学ぶ時のポイント

色には特徴があり、さまざまなイメージがあります。色によって、また、配色によって与える印象が異なってくるので、色選びはとても重要です。色を選ぶ機会は毎日あるため、配色や色について学びたい!という方も少なくありません。

では、どのように配色や色について学ぶことができるでしょうか?

配色の基本をマスターしよう!

まず配色の基本をマスターしましょう。色はたくさん使用すると、その分、配色が難しくなります。ですから、まずは3色をベースに考えましょう。最初にベースとなるカラーを選びます。

ベースカラーは、全体の約70%を占める背景や、広い色彩を彩る色となります。ですから、白や薄めの色を使用すれば、全体をスッキリした印象に仕上げることができます。

次にメインカラーを選びます。メインカラーは、全体の25%を占めるカラーで、テーマとなる色でもあります。この色が全体の色を印象や雰囲気を決める重要なポイントとなります。

そして最後に、アクセントカラーを選びます。アクセントカラーは、全体の5%という少ない範囲で使用することで、全体にメリハリをつけることができます。

色を学ぶポイント!

魅力的な配色をするためには、用途や目的にあった的確な色を選ぶ必要があります。そのためには、各色が持つ特徴やイメージを理解する必要があります。色にはさまざまな種類があり、いくつかに分類することができます。

選ぶ色よってイメージが全く異なってきますので、色を学ぶ必要があります。独学で学ぶこともできますが、学び始めると色の世界は奥が深いことに気づかれることでしょう。色を学ぶためにスクールに通ったり、通信講座を受講することで効率よく学ぶことができます。

諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー3資格取得講座」で色について学ぼう!

諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー3資格取得講座」を受講すれば、3つのカラーセラピー資格試験対策をしながら、配色や色について学ぶことができます。

講座では色のはたらき、光と色の関係、色彩心理とその効果、色彩調和、配色方法、色彩効果、ファッションと色、インテリアと色などさまざまな分野で色を活かす知識やスキルを習得することができます。

最短2ヶ月、通常6ヵ月で講座を終了することができ、最終的にはカラースペシャリストになれるレベルまで習得できるおススメの講座となっています。

まとめ

配色をする際は、その基本をマスターし、用途や目的に合った的確な色を選ぶ必要があります。色にはそれぞれ特徴があり、与える印象が大きく異なります。

色について本格的に学びたいなら、諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することで効率よく学ぶことができます。


TOP