カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

色の種類と色を共有する方法

色の種類と色を共有する方法

色にはそれぞれ意味や特徴があります。それは知らぬ間にわたしたちの心理や行動に大きな影響を及ぼしています。

したがって、好きな色やその日に選ぶ色を通して、その人の心理状態や気分を知ることができます

では、どのようにさまざまな色と共有することができるでしょうか?

色の種類について

みなさんは、色には何種類くらいあるか考えたことがおありですか?数の多さを「色々」と記すように、色には数多くの種類が存在しています。しかし、実際に見える色の数と表現する際の色の数は異なっています。

実際に人が見える色の数は、750万色と言われています。一方、表現する際の色の数、つまり、洋服やインテリアなどを通して作ったモノの色を付ける際の色数は、2,000~3,000色程度と言われています。

この膨大な数からも、わたしたちの周りはいつも異なる色で溢れていることが分かります。

色を共有する方法とは?

色を共有することで、色の効果から悩みを解消することができます。それぞれ色には特徴や効果、イメージなどがあります。たとえば、人間関係に悩んでいる方は、「黄色」と「オレンジ色」を共有させることで、人間関係をスムーズに築くことができるようになります。

しかし、黄色とオレンジ色は、色自体が目立ちやすいので、メインカラーにすると派手になってしまいます。ですから、サブカラーやアクセントカラーとして取り入れると良いでしょう。

たとえ配色範囲が少ないとしても、2色を共有させることで目につきやすく、交流関係が上手にいくようサポートしてくれます。

色の活用方法について本格的に学んでみよう!

色の特徴や効果、その活用方法や共有方法について本格的に学んでみるのはどうでしょうか?

色について独学で学ぶこともできますが、諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー3資格取得講座」を受講すれば、効率よく色の専門的な知識やスキルを学びながら、「カラーセラピー」、「色彩インストラクター」、「カラーアドバイザー」の3つの資格を取得できるレベルまで習得することができます。

資格取得後は、色のスペシャリストとしてさまざまな分野で資格を活かすことが可能です。色について本格的に学び、活動の幅を広げてみるのはどうでしょうか?

まとめ

色の種類と色を共有する方法は、諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー3資格取得講座」を受講すれば、本格的に学ぶことができます。この機会に講座の受講を検討してみるのはどうでしょうか?


TOP