カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

判断力を高める配色とカラーリング

判断力を高める配色とカラーリング

人はそれぞれ自分の好きな色や似合う色、心地よいと思う色やフィーリングが合う色などがあります。

色がもつ特徴や意味、効果などを自分の好みの色と組み合わせてトータルコーディネートをすることができれば、心地よい空間となります。

では、判断力を高めたい時はどの色を選べばよいのでしょうか?

判断力を高めたい時は「黄色」

黄色は数多くある色の種類の中で、一番明るい色です。黄色は人に喜びを与えることや気分を明るくすることができる色であると共に、集中力をアップさせる効果もあるので、判断力を高める効果も期待できます。

また、記憶力を高める作用も期待することができます。では、判断力を高める「黄色」をどのように配色して、生活に取り入れることができるでしょうか?

「黄色」を取り入れて判断力を高めよう!

黄色と同系の色相は、「黄橙」と「黄緑」です。黄色をキーカラーとし、その2色の同系色でまとめることもできます。

黄色の反対色相は「青紫」と「紫」、そして「青」です。全く反対のカラーで配色することもできるでしょう。「青紫」は黄色の補色カラーともなっているので、黄色を目立たせたい時に、青紫を使用することができるでしょう。

さらに、黄色と赤、青、緑と全く異なる色をとりいれて、鮮やかなコントラストをきかせたインテリアも空間にリズムを演出することができ楽しくなります。

カラーセラピー資格取得を目指してみよう!

色には特徴があり、効果を得ることができます。そのため、近年、カラーセラピスト、つまり、色彩療法が注目されています。

カラーセラピストは、今後ますます需要が高まることが予想されているため、カラーセラピストになるために役立てることができるカラーセラピー資格の取得が話題となっています。色の世界は奥が深く、なおかつカラーセラピストになるためにはカウンセリング能力も求められています。

そこで資格取得勉強におススメのツールが、カラーセラピスト資格試験に対応している通信講座を受講することです。資格試験に対応しているのは、「諒設計アーキテクトラーニング」の「カラーセラピー3資格取得講座」です。

効率よく色に関しての知識やスキルを身に付けながら、セラピストとしてのスキルも習得でき、資格取得を目指すことができます。まずは資料請求からはじめてみませんか?

まとめ

判断力を高めたい時は、黄色を積極的に取り入れましょう。黄色の明るさが集中力を高め、的確な判断ができるようサポートしてくれます。


TOP