カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

色彩インストラクター資格(JIA)

色彩インストラクター資格(JIA)

色彩インストラクター資格は、色について教えることができる資格です。色についての知識は、生活の中ではもちろんのこと、ビジネスのシーンでも役立てることができます

そのため、多くの方が興味をもっている資格のひとつでもあります。では、色彩インストラクター資格はどのような資格なのか詳しくみてみましょう。

色彩インストラクター資格とは?

色彩インストラクター資格は、日本インストラクター協会(JIA)主催が主催している資格で、講師資格も兼ねています。なので、資格を取得することで、自宅やカルチャースクールなどでカラーセラピー講座を開いたり、色彩の講師として活躍することができます。

この資格には、色に対する総合的な専門的な知識や色の歴史、文化、彩度、明度、コントラスト、色覚異常の方に配慮した配色など、色に関しての専門的な知識が求められています。

色彩インストラクター資格の評判

色彩インストラクター資格を取得することで、自宅やカルチャースクールなどでカラーセラピー講座を開いたり、色彩の講師として活躍することができます。また、ファッション、インテリア、塗装、グラフィック、塗装業などにも資格を活かすことができます。

さらに、色覚障害を持った方に配慮した配色の知識を身に付けることができるので、お年寄りを扱う施設でパンフレットを作成する仕事や、行政機関でチラシを作成する際などにも資格を活かすことができます。

色彩インストラクター資格を取得するには?

色彩インストラクター資格を取得するためには、認定試験をクリアしなければいけません。受験資格は特にないので、誰でも受験できます。受験の申し込みはインターネットから行い、在宅受験を採用しています。

受験料は、税込み10,000円となっています。正答率70%以上なので合格しやすい資格となっていますが、専門的な知識ですので、しっかり試験勉強をする必要があります。

そこで日本インストラクター協会が認定している諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー 3資格取得講座」か、SARAスクールジャパンの「カラーセラピー・基本コース」の受講がおすすめです。

これらの講座は日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「カラーセラピー」と、日本デザインプランナー協会主催の「カラーアドバイザー」の資格認定試験にも対応した講座内容となっています。

まとめ

色彩インストラクター資格は、講師資格も兼ねているので、幅広い分野で資格を活かすことができます。

この機会に諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー 3資格取得講座」か、SARAスクールジャパンの「カラーセラピー・基本コース」を受講し、資格取得を目指してみるのはどうでしょうか?

紹介サイト:https://www.jpinstructor.org/shikaku/shikisai/

色彩インストラクター資格(JIA)


TOP