カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

色彩インストラクターにできること

色彩インストラクターにできること

色の知識があれば、自分や自分の家族のために居心地のよい環境を作ることができます。また、ファッションやメイク、インテリア、グラフィックなどの分野でも活かすことができます。

そこで役立つのが「色彩インストラクター」資格です。色彩インストラクターになるとどのようなことができるでしょうか?

色彩インストラクターとは?

色彩インストラクターは、日本デザインプランナー協会が主催している民間の資格です。この資格には、状況や目的、用途に合った適切な配色ができる能力が求められています。

また、色の歴史、文化、生活の中で色が与える役割など色に関する専門的な知識も求められています。つまり、色彩インストラクターは、シーンに応じた適切なカラーを選ぶことができる人が保有できる資格となっています。

色彩インストラクターにできることとは?

色彩インストラクターという名前の通り、インストラクター、つまり、講師資格も兼ねています。なので、色彩インストラクターは自宅やカルチャースクールなどでカラーセラピー講座を開講したり、色彩のスペシャリストとして講師活動をすることができます。

また、さまざまな分野で色彩の知識を活かすことができます。それにはファッションやメイク業界、WEBサイト作成、ネイリスト、広告作成など色を使用するさまざまな分野で活躍することができます。

色彩インストラクター資格の取得を目指そう!

色彩インストラクター資格は、年に6回偶数月に試験を実施しています。日本インストラクター協会の公式サイトから試験の申し込みを行い、自宅での在宅受験となっています。

受験資格は特になく、受験費用は税込み10,000円です。専門的な知識が求められていますので、しっかり学習してから試験に臨むと良いでしょう。

さまざまな勉強方法がありますが、おすすめな資格認定協会が公認している、試験資格に対応している通信講座を受講することで、効率よく学ぶことができます。

その通信講座とは「諒設計アーキテクトラーニング」のカラーセラピー3資格取得講座か、「SARAスクールジャパン」のカラーセラピー講座です。

まとめ

色彩インストラクターは、講師資格も兼ねているので、色彩のスペシャリストとして色の特徴や効果について教えたり、アドバイスすることができます。

諒設計アーキテクトラーニングかSARAスクールジャパンの講座を受講すれば、効率よく試験対策ができ、資格を取得できます。


TOP