カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

カラーセラピーで稼げる金額相場

カラーセラピーで稼げる金額相場

カラーセラピー資格を取得したら資格を活かし、カラーセラピストとして活躍したい!と思われることでしょう。

カラーセラピストとしての仕事の需要はどのくらいあるのでしょうか?また、カラーセラピー資格を活かしてどのくらい稼ぐことができるのでしょうか?

稼げる金額相場についてみてみましょう。

カラーセラピー資格を活かすことができる分野とは?

カラーセラピー資格を保有していれば、さまざまな分野で資格を活かすことができます。カラーセラピストの主な仕事は、相談者の悩みや不安を解消するために、色を用いて心の奥を読み取り、的確な色を判断することです。

そのため資格を活かすことができる分野は幅広く、介護施設やエステサロン、ネイルサロン、カウンセリングサロン、フラワーショップ、ファッションやインテリア関係など幅広い分野での活躍が可能です。

近年注目されている療法のひとつとして、今後ますますカラーセラピーの需要が高まることが予想されます。

カラーセラピーで稼げる金額相場とは?

カラーセラピー資格を取得し、カラーセラピストとして働くことができれば、ある程度の金額を稼ぐことができます。もちろん、どの分野で資格を活かすかによって稼げる金額は異なりますが、カラーセラピストの一般的な平均給料は、月給13万円から18万円程度が相場となっています。

しかし、雇用形態がアルバイトやパートの場合は、金額相場が異なってきます。資格を活かしてたくさん稼ぎたいなら、独立開業を目指すことも一つの選択肢です。しかし、それにはテナント費用や人件費など経営するために費用が掛かってきますので、しっかり検討する必要があります。

副業として稼ぐことができるカラーセラピー資格

カラーセラピー資格だけを活かして稼ぐこともできますが、副業として資格を活かすこともできます。たとえば、ネイルサロンでネイリストとしてすでに働いているなら、スキルアップとしてカラーセラピー資格を取得できます。

そして、その資格を活かし、お客さんの気分に合ったネイルカラーを選んだり、シーンに合わせたカラーのネイルを選ぶことで、ワンランク上のネイリストとして活躍することができ、顧客を増やすことができます。

それは指名アップにもつながり、結果的なお店の売り上げ向上へとつなげることができます。フラワーショップやエステサロン、介護施設などでもスキルアップとして資格を活かすことが可能です。

まとめ

カラーセラピー資格を保有していれば、ある程度の金額を稼ぐことが可能です。また、独立して開業するなら、さらに稼ぐこともできます。さらに、副業として資格を活かすこともできます。


TOP