カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

カラーセラピーの大切さと役目

カラーセラピーの大切さと役目

わたしたちの周りは、さまざまな色で溢れています。みなさんは、それぞれの色に目的や効果があることをご存じですか?

色は、自分や家族、周囲の人々を精神面で、また、身体面で元気を与えたり、癒したりできるパワーを持っています

そんな色彩療法のことを「カラーセラピー」と言います。その大切さと役目について詳しくみてみましょう。

カラーセラピーとは?

カラーセラピー、つまり、色彩療法は、各色が持つ心理効果を利用して、心と体のバランスを上手に保つことができるように、やる気を与えたり、癒しを与えたりすることです。

カラーセラピー資格を取得すれば、色を用いて人を癒すだけでなく、ファッションやメイク、インテリアなどさまざまなシーンでその知識を活かすことができます。

カラーセラピーの大切さと役目

近年、色彩のもつ心理的効果や生理的効果を利用して、カラーセラピーを行うカウンセリングが注目されています。相談者が選ぶ色から、精神や内面の状態を知ることができ、上手にバランスを保つために色を使い人を元気づけることができます。

現代人の多くは、毎日ストレスに悩まされており、精神的な悩みを抱えている人も少なくありません。そのため、今後ますますカラーセラピーの需要は高くなることが予想されます。

それに伴い、カラーセラピー資格を保有しているカラーセラピストの需要も高まることでしょう。

カラーセラピー資格を取得しよう!

カラーセラピー資格を取得するためには、色に関するさまざまな知識やスキル、テクニックなどを習得する必要があります。そのため、専門の学校に通ったり、通信教育を受講して学ぶことが一般的となっています。

おススメの勉強方法は、カラーセラピー資格を認定している日本アロマメディカル心理セラピー協会が公認している「諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー3資格取得講座」か、SARAスクールジャパンの「カラーセラピー講座」を受講することです。

カラーセラピー資格を含めた3つのカラー資格試験に対応した講座内容を提供しているので、効率よく資格試験対策をすることができます。

まとめ

カラーセラピーは、さまざまな分野で活かすことができる資格です。セラピストとして活躍できることはもちろん、ファッションやメイク、インテリア、WEB作成などさまざまなシーンで学んだ知識を活かせます

この機会に、カラーセラピストを目指し、色の奥深さについて学んでみませんか?

カラーセラピー3資格取得講座


TOP