カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

カラーセラピーの年齢制限や受験資格

カラーセラピーの年齢制限や受験資格

カラーセラピー資格には、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催している「カラーセラピー」、日本デザインプランナー協会が主催している「カラーアドバイザー」と「色彩インストラクター」資格があります。

これらの資格には年齢制限や受験資格があるのでしょうか?

「カラーセラピー」資格の年齢制限と受験資格について

日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催している「カラーセラピー」資格は、色彩療法とも言われている今注目されている療法資格です。この資格には、色の生理的な効果や心理的効果を理解し、用途や目的に応じて適切な色を選ぶ能力が求められています。

また、セラピストとしてのカウンセリング能力も必要です。さらに、色の効果、原理、活用方法などの知識も求められています。受験資格は特に求められていないので、誰でも自由に受験することが可能です。

年に6回、偶数月に試験を実施しています。試験会場は在宅受験なので、気軽に受験できます。

「カラーアドバイザー」資格の年齢制限と受験資格について

カラーセラピー資格として「カラーアドバイザー」資格を、日本インストラクター協会が主催しています。

この資格を取得すれば、色のスペシャリストとして、また、アドバイザーとして、デザインやファッション業界、メイク、インテリア、建築、WEBなどさまざまな分野で資格を活かすことができます。

色の特賞や性質を理解し、適切なアドバイスをする能力が求められています。受験資格は特にないので、誰でも自由に受験することができます。年に6回、偶数月に試験を実施しています。試験会場は在宅受験となっています。

「色彩インストラクター」資格の年齢制限と受験資格について

カラーアドバイザー同様、色彩インストラクター資格も、日本インストラクター協会が主催しています。色の歴史や文化、生活の中での色の役割など色に関する専門的な知識やスキルが求められている資格です。

また、インストラクターとして、人に教えることができる能力も必要となってきます。受験資格は特にないので、年齢に関係なく誰でも自由に受験することが可能です。年に6回、偶数月に試験を実施しており、自宅での在宅受験を採用しています。

まとめ

カラーセラピー、カラーアドバイザー、色彩インストラクターのどのカラーセラピー資格も、受験の年齢制限や受験資格はありません。つまり、誰でも自由に受験することが可能です。


TOP