カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

服飾デザインでもカラーセラピーが役立つ

服飾デザインでもカラーセラピーが役立つ

カラーセラピー資格を保有してれば、色が人に与える効果を活かし、豊富な知識とスキルを利用して、毎日の生活環境にバランスを保つことができるよう提案することができます。

それには服飾のデザインで色の提案をすることも含まれます。では、どのように服飾デザインでカラーセラピー資格を活かすことができるかみてみましょう。

服飾デザインでも役立てることができるカラーセラピー資格

カラーセラピー資格で得た専門的な知識のパーソナルカラーやヒーリングカラーは、生活のあらゆるシーンで活かすことができます。それにはインテリアで活用することや、どんなファッションやメイクをするか、服飾デザインなどでも色の知識を活かせます。

人それぞれ異なる肌の色、髪の色、目の色をしており、それを分析したものがパーソナルカラーです。自分のパーソナルカラーを知ることはもちろん、ほかの人のパーソナルカラーを提案することもできます。

それにより、その人の魅力を一番引き出すことができる服飾デザインやコーディネートを提案することができます。

ファッション業界でも活かせるカラーセラピー資格!

カラーセラピー資格は、セラピストとして相談者のカウンセリングをするだけでなく、ファッション業界やインテリア業界でも活かすことができます。

特にファッション業界では、お客様の似合う色や、その人にあったおすすめのコーディネートを提案するために、カラーセラピー資格を活かすことができます。ファッションだけでなく、それに合ったメイクも提案することができるでしょう。

カラーセラピー資格を取得しよう!

セラピストだけでなく、さまざまな分野で資格を活かすことができるカラーセラピー資格の取得をこの機会に目指してみるのはどうでしょうか?

独学で学ぶことには限界がありますので、資格試験に対応している通信講座を受講することで、効率よく学ぶことができ、資格を取得できます。

おススメの通信講座は、カラーセラピー資格を主催している日本アロマメディカル心理セラピー協会公認の「諒設計アーキテクトラーニング」の「カラーセラピー3資格取得講座」です。まずは資料請求からはじめてみましょう。

まとめ

カラーセラピー資格は、セラピストとして活躍できることはもちろん、ファッションやメイク、インテリアなどさまざまな分野でも役立てることができます。

自分や家族のために、また、相談者やお客様のために役立てることができるカラーセラピー資格の取得を目指してみませんか?


TOP