カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

カラーセラピー資格(JAAMP)

カラーセラピー資格(JAAMP)

色が持つ効果を理解し、色を使った心理療法をできるカラーセラピストは、多くの方の憧れの職業のひとつです。相談者が望む効果に適した色を選ぶことで、心や身体を元気にすることができます。

そんなカラーセラピストになるためには、カラーセラピー資格を保有している必要があります。カラーセラピー資格はどのような資格なのでしょうか?

カラーセラピー資格とは?

カラーセラピー資格は、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催している資格です。カラーセラピストとして働く際に、役立てることができます。

カラーセラピーという名前の通り、色彩療法に必要な知識を有していることを認定する資格です。そのため、色の効果や原理、色の活用方法などの知識が求められています。

カラーセラピー資格の評判

カラーセラピー資格を取得すれば、さまざまな分野で資格を活かすことができます。それは相談者の心や身体を癒すためだけでなく、ビジネスのシーンでも役立てることができると評判です。

たとえば、オフィス内のレイアウトを決定する際には、多くの企業がカラーコーディネートを意識しています。また、WEBサイトを作成する際にもカラーセラピーの資格を活かすことができ、相手に好印象を与えることができます。

このようにカウンセリングだけでなく、ビジネスやWEB、広告、ファッションなどさまざまなシーンで役立てることができます。

カラーセラピー資格を取得するには?

カラーセラピー資格を取得するには、認定試験をクリアしなければいけません。受験資格は特にないので、誰でも受験が可能です。受験の申し込みはインターネットから行い、自宅での在宅受験を採用しており、答案提出期限内に答案を郵送します。

受験料は税込み10,000円となっています。年に6回試験を実施しており、正答率70%以上なので合格しやすい、つまり、勉強しやすい資格となっています。

試験が年に6回、2月、4月、6月、8月、10月12月の偶数月に実施しているので、受験しやすいと言えるでしょう。カラーセラピー資格取得に必要な知識を学べる通信講座も用意されているので、効率よく学びたい方は利用されることをおすすめします。

まとめ

カラーセラピー資格は、多くの分野で資格を活かすことができます。この機会に、色の持つ効果や原理、活用方法などを学び、カラーセラピー資格取得を目指してみるのはどうでしょうか?

紹介サイト:https://www.domap.net/test/color/

カラーセラピー資格(JAAMP)


TOP