カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

カラーセラピーの難易度と学習方法

カラーセラピーの難易度と学習方法

カラーセラピストを目指している方にとって、カラーセラピー資格取得は必要なことです。そこで一番気になることは、カラーセラピー資格試験の難易度でしょう。

あまりにも難しいと、セラピストになることを諦めてしまう可能性もあります。

では、カラーセラピーの難易度とその学習方法についてみてみましょう。

カラーセラピーの難易度はどのくらい?

人を癒すカラーセラピストには、色の専門的な知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力や相談に応じる能力なども求められています。色の知識はとても奥が深く、各色が持つ特徴や効果、原理、色の活用方法などを習得している必要があります。

そのため、難易度が高い資格なのでは?と思われている方も少なくありません。カラーセラピストとして働くために、必ずしもカラーセラピー資格が必要不可欠というわけではありませんが、資格を保有しているほうがすべての面で有利になります。

カラーセラピーの勉強方法とは?

カラーセラピー資格にはいくつかの種類がありますが、すべて民間資格となっています。専門の学校に通い学んだり、必要となる通信講座を受講するなどして、カラーセラピーに求められている知識やスキルを習得することができます。

学校や通信講座で学ぶ期間は、それぞれ異なっているので、受講期間をよく確かめてから自分に合ったものを選ぶことができるでしょう。

カラーセラピーのおすすめ勉強方法!

自分に合った勉強方法を選択することはとても大切ですが、おすすめの勉強方法をご紹介しましょう。カラーセラピー資格を認定している日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が公認している通信講座は、資格試験対策をすることができる講座内容を提供しています。

公認されている通信教育機関とは諒設計アーキテクトラーニングの「カラーセラピー3資格取得講座」と、SARAスクールジャパンの「カラーセラピー資格講座」です。

いずれかの講座を受講すれば、最短2ヶ月、通常6ヵ月で3つの資格を取得することができます。初めての方でも安心して学べるカリキュラムが採用されていますし、質疑応答サポート体制も整っているおススメの通信教育となっています。

まとめ

カラーセラピストになるために、必ずしも資格が求められているわけではありませんが、資格を保有していれば有利になります。

独学で学ぶよりも通信講座を利用することで、容易に試験対策をすることができ、資格取得が可能です。まずは資料請求から始めることをおすすめします。


TOP