カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

集中力を高める配色とカラーリング

集中力を高める配色とカラーリング

心理的効果や生理的効果をもたらす「色」は、わたしたちの身の周りにあふれています。選ぶ色によって気分を高めることもできれば、リラックスさせることもできます。

では、集中力を高める色とは何でしょうか?集中力を高める配色とカラーリングについて詳しくみてみましょう。

集中力を高めることができる「青色」

集中力を高める色は、青色です。青色は、精神面でも身体面でもリラックスさせる作用があるので、集中力を高めたい時には、青色を選ぶことができます。青色以外にも、水色や青緑色などの寒色系の色なら、集中力を高める効果を期待することができます。

ですから、勉強したり、考えをまとめたりするなどの集中したい時は、身の周りを寒色系の色でまとめることで、集中力をアップさせることができます。つまり、寒色系の色で配色し、空間を作り上げるということです。

脳の活性化には「黄色」

さまざまな色の中でも、黄色は一番明るい色です。黄色は、脳を活性化させる働きがあるので、頭の回転を速くすることができます。つまり、集中力をアップさせることにつながります。

また、元気やパワー、活発さなども黄色で表現することができます。そんな黄色をインテリアに取り入れることで、脳を活性化させることができ、集中力アップへとつなげることができます。

色の配色について学んでみよう!

色には特徴があり、さまざまな効果を得ることができます。そのため、近年カラーセラピスト、つまり、色彩療法が注目されています。カラーセラピストは、今後ますます需要が高まることが予想されているため、カラーセラピスト資格取得が話題となっています。

独学で色彩について学ぶことは限界があります。そこで、カラーセラピスト資格試験に対応している通信講座を受講することで、効率よく色に関しての知識やスキルを身に付けながら、資格取得を目指すことができます。

資格試験に対応しているのは、「諒設計アーキテクトラーニング」の「カラーセラピー3資格取得講座」です。まずは資料請求からはじめてみませんか?

まとめ

集中力を高めることができるのは寒色系の色です。その中でも青色が一番効果があると言われています。ですから、集中力を高めたい時には、青色で身の周りを固めることで効果を得ることができるでしょう。

また、黄色は脳を活性化させる効果があるので、青色同様、黄色も選ぶこともできるでしょう。

色には特徴があり、もたらす効果が異なっています
。この機会に色のスペシャリストを目指し、資格取得を検討してみるのはどうでしょうか?


TOP