カラーセラピー資格のおすすめまとめ

色は人の心理に様々な影響を与えるものであるため、色がもたらす効果を知っておくことはいろいろな場面で役立ちます。色彩や配色を学べるカラーセラピー資格

MENU

キャラメイクやキャラデザインにも配色が大切

キャラメイクやキャラデザインにも配色が大切

キャラメイクやキャラデザインは、配色にすべてがかかっていると言っても過言ではありません。つまり、配色を感覚で決めると、キャラクターの印象が変わってしまいます。

ですから、色の配色方法を学ぶことはとても大切です。では、キャラメイクやキャラデザインで求められている基本をみてみましょう。

キャラメイクとキャラデザインの配色の基本とは?

たくさんの色を使いすぎると、キャラのイメージがぼやけてしまい、何を伝えたいのかが分からなくなってしまいます。なので、使用する色数に制限をし、理論に基づくキャラクターの配色の基本をマスターする必要があります

そうすることで印象に残るキャラメイクやキャラデザインに仕上げることができます。では、マスターすべき基本の配色とは何でしょうか?それは「ベースカラー7割・サブカラー2.5割・アクセントカラー0.5割」の配色です。

配色は大切!その決め方とは?

「ベースカラー7割・サブカラー2.5割・アクセントカラー0.5割」の配色の基本をマスターすることはとても大切です。では、ベースカラーとは何でしょうか?それはキャラメイクやデザインを象徴するメインカラーのことです。

一番重要な色となり、一番全体の面積を占める色となります。続いてサブカラーとは、ベースカラーを引き立てる色のことで、補助の役割をする色です。

そして、アクセントカラーは、ベースカラーとサブカラーとは彩度や色相が異なった全体のアクセントとなるカラーを選びます。アクセントカラーは、全体のメリハリをつける配色にすることでキャラメイクやデザインを際立たせることができます。

配色について本格的に学ぼう!

キャラメイクやキャラデザインに適した色や配色を本格的に学んでみるのはどうでしょうか?そこで、さまざまな分野で活かすことができるカラーセラピー資格の取得を目指すことができます。

色の持つ特徴や効果に興味がある方は、この機会に色のスペシャリストを目指し、カラーセラピー資格試験に対応している「諒設計アーキテクトラーニング」の「カラーセラピー3資格取得講座」を受講することをおススメします。

資格試験対策をしながら、効率よく色の専門的な知識やスキルを習得することができます。

まとめ

キャラメイクやキャラデザインは、適切な色を選びと配色がとても大切です。まずは「ベースカラー7割・サブカラー2.5割・アクセントカラー0.5割」の配色の基本をマスターすることから始めてみましょう。


TOP